スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

TRPGリプレイ感想「聖戦士物語③」

・タイトル:SW2.0リプレイ 聖戦士物語③
聖戦士物語(3)  ソード・ワールド2.0リプレイ (富士見ドラゴンブック)聖戦士物語(3) ソード・ワールド2.0リプレイ (富士見ドラゴンブック)
(2012/04/20)
北沢 慶、グループSNE 他

商品詳細を見る


 <感想>
シリーズ全体を通しての感想です。

まず、2巻で言っていた「事件解決しなかったからバッドエンド~」を改めたのは良かった。
ただ、プレイヤーの行動によって展開を変えるのは(少なくともこれまでの商業リプレイの)GMなら当然のことであって、あえて評価に値することでもないが。
正直、その結末にしても取って付けた感はあるが・・・まぁあのまま「事件解決しなかったでしょ?だからバッドエンドね。残念でした~」とか言われるよりは遥かにマシなので良しとしましょう。


色々と物議を醸したキャラクターの性格について。
1巻のときは斬新に感じて面白かったキャラですが、2巻から評価は変わりました。
明らかに暴走しすぎ。特にオルネッラ。
いくら何でも、仲間を人身売買しかけるのはどうよ・・・。
ロイは空気主人公すぎて印象に残らないし、フィオは肉食系というよりはもはや痴女、レギンは大人しくなった分だけ印象が薄れ、イングリッドは良くも悪くも普通。
キャラの良さで買い続けさせるには、明らかに不十分。

Amazonのレビューにもありますが、リプレイ読者の大半はキャラクター(プレイヤー)間の会話のやり取りに楽しさを感じると思うので、肝心のキャラの印象が薄い(又は好きになれない)というのはリプレイとしてマズイと思うのです。
にも関わらず、なんだかんだで買い続けたのは・・・今、自分がキャンペーンやってるSW2.0のリプレイだからっていうある種の惰性ですかね。



メインデザイナー自ら執筆!という看板の割に、非常に残念なシリーズでした。
自分がセッションする時のマスタリングやロールプレイの参考に・・・とリプレイを読んでいる人にとっては、このシリーズに価値はないと思う。
私はどちらかというと物語を楽しむため・・・読み物としてリプレイを読んでますが、こちらも当然不十分。
なんというか、3冊も読んだはずなのに印象に残らないんですよね…。
ていうか、2巻の最期に出てきただけで伏線何も回収されてないアンデッドナイトとか、NPCヒロインと言いつつ大した活躍もしてないドレイク娘とか、挙句ラスボスが最終巻にして初登場(2巻までは存在を匂わせるものがない)とか…。
設定だけはあるけど活用できてないとか、キャラ出す順序がおかしいとか、まぁ色々残念。


でも続編が連載されちゃう辺り・・・需要とか人気とか、あったのかなぁ。
とりあえずこれで、アンデッドナイトに関しては続編で回収される可能性があると前向きに捕らえることができますね。
まぁ何にしても、続編が文庫化されても私は様子見ですかね。


そして3巻限定の意見になりますが、何よりも許せないことがあります。
それはコボルドの挿絵。

なんでSW2.0のコボルドが獣耳美少女なんだよ、と声を大にして言いたい。

SW2.0のコボルドって直立した犬ってビジュアルなのに。
とりあえず獣耳美少女描いときゃ読者が萌えるだろ、とでも?
最低限、設定だけは守ってイラストにして欲しかった・・・。

スポンサーサイト

2012-05-26 : TRPG話 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
お久しぶりです

TRPGって未だにどんな物か分かって無いんですよね
周りでは結構流行ってるみたいなんですけど・・・

wikiで調べても ? って感じでしたし
小学生の頃にやった皆でオリキャラ考えて物語進める
って感じの解釈であってるんでしょうか?
興味はあれど今一理解し難いという(汗
2012-05-30 22:05 : REINER URL : 編集
No title
コメントありがとうございます。
返信が遅くなって申し訳ありません。

お久しぶりです。
TRPGはマイナーですから…知らない人が大多数ですよね。
流行ってる…というか、ニコニコ動画にプレイ動画がUPされた影響で興味を持つ人が出始めているようです。
人口が増えるのは喜ばしいですが、動画のようにスムーズにゲームが進行すると思って来ている人も多いらしく、実際のプレイをして「動画じゃこうじゃなかった!」みたいな問題も発生しているようです。


大体そんな感じです。
違うのはルールがTRPGのシステム毎に決められているので、それに沿った設定になる(基本自由だけど、世界観に合わないのは少々難しい)ことと、NPCの説得や攻撃の命中&ダメージなどをサイコロで決めるので、必ずしも予定通りに物語が進むわけではないこと。
本来は世界を救うはずだったのに、サイコロの出目が悪かったために世界を滅ぼしてしまった…とかはTRPG界ではよくあることですw
キャラクターは自分で自由に想像できるし、サイコロによるランダム要素がある故に予想もできない展開になることが多く飽きません。
オリキャラを考えたり、物語を考えるのが好きな人ならハマると思いますよ。


もし興味を持たれたなら、今回感想したような「リプレイ」という物を読んでみては如何でしょう?
これは実際のゲーム内容を読みやすくまとめた物で、程度の差はあれ、大体こんな風にTRPGを遊んでいきます。
ラノベと同じような扱いで、ファミ通文庫やファンタジア文庫から出ています。
以上、TRPG仲間が増えると嬉しいので饒舌になった水葉でしたw
2012-06-01 21:07 : 水葉洸 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

水葉洸

Author:水葉洸
・主に日記やゲーム感想のブログです。
・オススメ作品の紹介なんかもやってます。

《ネトゲ状況》
・MHF:引退
・FF14:休止中(半引退)
・PSO2:ほぼ引退状態
・LoV3:週1位のペース

(C)GUST CO,.LTD. 2007 (C)2007 NBGI

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。